慶應義塾大学 ソーシャルキャピタルを育む女性研究者支援
慶應義塾

 本事業は平成23年3月末日をもちまして、事業終了となり、事業推進機関であるワークライフバランス研究センターは閉鎖となりました。
 長きにわたり皆様にご支援をいただき、誠にありがとうございました。
 事業終了後(平成23年4月以降)のお問い合わせは、「慶應義塾 男女共同参画室」までお願いいたします。

ホーム >

育児支援

一時保育サポートプログラム 保育サポーター養成講座


supporter01.jpg supporter02.jpg supporter03.jpg

研究者(教職員・学生)のお子さんを、キャンパス内で短時間預かる「保育サポート」の活動が、始まりました!
(一時保育サポートについての詳細はこちら
この活動は、ワークライフバランス研究センターが、研究者の育児と研究の両立支援の一環として行うものです。
保育サポート活動は、センター主催の養成講座を受講し、修了書を取得した方が、有償ボランティアとして行います。皆さまも「保育サポーター」になって、子どもたちと一緒の時間を過ごしませんか?ご応募お待ちしております!

【第5回 一時保育サポートプログラム 保育サポーター養成講座】


第5回保育サポーター養成講座の申し込みは、7月13日(火)をもって締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました!

一時保育サポートに必要な知識・技術の習得のため、小児看護学を専門とする看護医療学部教員の監修により、保育サポーター養成講座プログラムを開発しました。6時間の講義および3日間の認可保育園での実習で構成されています。

*受講希望者は事前に行われるガイダンスに参加してください。


ガイダンス

興味のある方は、以下のどちらかのガイダンスにご参加ください

(1) 2010年7月1日(木) 13:00~ ν棟DNPハウス
(2) 2010年7月1日(木) 18:00~ ν棟DNPハウス

※ガイダンスへの事前申し込みの必要はありません

※どうしても上記日時でガイダンスに参加ができない方は、個別にセンターに来てガイダンスを受けていただくことで講座の受講が可能となります。ご都合の良い希望時間帯を2~3明記のうえ、こちらからお問合せください



講義日程

  • 日時:2010年7月25日(日)9:30~16:30  
  • 場所:SFC ν棟(DNPハウスの予定)

実習日程

※看護医療学部「小児発達援助実践」科目を履修済みの方は、実習は免除

  • 日時:2010年7月~9月(うち3日間) 藤沢市認可保育園
  • 場所:藤沢市内の民間保育所


講義内容

  • オリエンテーション
  • 子どもの発達の概要 ・ 保育実技
  • 子どもの事故(安全)と応急手当
  • 保育所の役割
  • 子どもと保護者のコミュニケーション」
  • 子どもの年齢に応じた日常生活援助
  • 保育実習ガイダンス


第5回養成講座ポスター.jpg

ホーム | お知らせ | プロジェクト紹介 | WEB会議システム | 育児支援 | ニーズ調査 | 各キャンパス | お問い合わせ | サイトマップ | English

慶應義塾創立150年 振興調整費

Copyright © Keio University. All rights reserved.