慶應義塾大学 ソーシャルキャピタルを育む女性研究者支援
慶應義塾

 本事業は平成23年3月末日をもちまして、事業終了となり、事業推進機関であるワークライフバランス研究センターは閉鎖となりました。
 長きにわたり皆様にご支援をいただき、誠にありがとうございました。
 事業終了後(平成23年4月以降)のお問い合わせは、「慶應義塾 男女共同参画室」までお願いいたします。

ホーム > お知らせ >7私立大学シンポジウム開催のお知らせ

お知らせ

7私立大学シンポジウム開催のお知らせ

掲載日:2008/10/20

7私立大学合同シンポジウム 「男女共同参画の輪を拡げよう」


文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル」事業に採択されている7つの私立大学(東京女子医科大学、日本女子大学、早稲田大学、慶應義塾大学、津田塾大学、東海大学、日本大学)が 合同でシンポジウムを開催することになりました。

こちらより【ポスター】がダウンロードできます。



開催日時 : 2008年11月1日(土)13:00~17:00 (終了後懇親会を開催します)
場所 : 日本女子大学 目白キャンパス 成瀬記念講堂 【MAP】

総合司会 : 浅倉むつ子(早稲田大学大学院 法務研究科教授、早稲田大学 男女共同参画推進室室長)
開会挨拶 : 後藤祥子(日本女子大学 学長)

特別講演 :
  「私学の個性創出戦略と男女共同参画」 河村潤子(文部科学省 高等教育局私学部長)
  「科学技術振興調整費のチャレンジ」 岡谷重雄(文部科学省 科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官)
  「女性研究者支援策の現状と私立大学への期待」 久保真季(内閣府 政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付参事官)
  「私立大学としての取り組み」 堀口健治(早稲田大学 副総長)

一般講演 :
  ●日本学術会議提言のアンケート結果について 小舘香椎子(日本女子大学 理学部教授)
  ●18年度採択校から今までの成果を中心に
    「子育てと医療・医学研究、その両立のための支援」  齋藤加代子(東京女子医科大学 女性医学研究者支援室副室長、遺伝子医療センター所長・教授)
    「日本女子大学における取組み-女性の多様な生き方の支援-」 小川賀代(日本女子大学 理学部准教授)
    「早稲田の取組み」  棚村政行(早稲田大学大学院 法務研究科教授、早稲田大学 女性研究者支援総合研究所所長)
  ●20年度採択校から今後の計画について
    「ソーシャルキャピタルを育む女性研究者支援とは」  金子郁容(慶應義塾大学 政策・メディア研究科委員長・教授)
    「津田塾大学の取組-世代連携と理文融合-」 高橋裕子(津田塾大学 学務担当学長補佐、学芸学部英文学科教授、女性研究者支援センター長)
    「東海大学は産学協働で女性研究者支援」 平岡克己(東海大学 学長室長、学長室ワーク・ライフ・バランス推進室長、工学部航空宇宙学科教授)
    「日本大学のキャリアウェイモデル」  野呂知加子(日本大学 女性研究者支援推進ユニット推進コア長、日本大学大学院 総合科学研究科生産工学部准教授)
  ●21年度応募に向けて
(交渉中)

閉会挨拶 : 宮﨑俊一(東京女子医科大学 学長、女性医学研究者支援室室長)

懇親会(会場:七十年館1階 学生サービススペース)


お問い合わせ先:日本女子大学 女性研究者マルチキャリアパス支援プロジェクト推進室
  [TEL/FAX] 03-5981-4154 [E-mail] mcp@fc.jwu.ac.jp
[URL] http://mcm-www.jwu.ac.jp/~mcpweb/

ホーム | お知らせ | プロジェクト紹介 | WEB会議システム | 育児支援 | ニーズ調査 | 各キャンパス | お問い合わせ | サイトマップ | English

慶應義塾創立150年 振興調整費

Copyright © Keio University. All rights reserved.