慶應義塾大学 ソーシャルキャピタルを育む女性研究者支援
慶應義塾

 本事業は平成23年3月末日をもちまして、事業終了となり、事業推進機関であるワークライフバランス研究センターは閉鎖となりました。
 長きにわたり皆様にご支援をいただき、誠にありがとうございました。
 事業終了後(平成23年4月以降)のお問い合わせは、「慶應義塾 男女共同参画室」までお願いいたします。

ホーム > お知らせ >矢上キャンパスWG主催 「ワークライフバランスを考える研究者の夕べ」のご案内

お知らせ

矢上キャンパスWG主催 「ワークライフバランスを考える研究者の夕べ」のご案内

掲載日:2008/10/28

慶應義塾大学ワークライフバランス研究センター
文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業採択
「ソーシャルキャピタルを育む女性研究者支援」プロジェクト


矢上キャンパスWG主催「ワークライフバランスを考える研究者の夕べ」


第1回ゲスト:
尾畑(小林)やよい氏
 東京農業大学応用生物科学部バイオサイエンス学科講師
小林一也氏
 生命情報学科助教

堀田亜紀 氏
 11月より井田病院勤務予定
堀田耕司氏
 生命情報学科助教


日時:11月5日(水)18:00-20:00 矢上キャンパス創想館ピロティー
対象:慶應義塾大学在学生・大学院生、教職員 事前申し込み不要


この企画は、パートナーといい関係を築きながら、着実に研究者としてのキャリアを積んでいるロールモデルを紹介し、ワークライフバランスの実践を皆さんに身近に感じてもらうことを目指しています。今回はその第1回目として2組の若手研究者夫婦をお招きし、子育てしながらの研究生活のご苦労やサポート体制の活用など具体的なお話をしていただきます。

お問い合わせ:岩波敦子
(理工学部教授・ワークライフバランス研究センター 矢上地区担当推進メンバー)

ポスターはこちらからダウンロードできます

ホーム | お知らせ | プロジェクト紹介 | WEB会議システム | 育児支援 | ニーズ調査 | 各キャンパス | お問い合わせ | サイトマップ | English

慶應義塾創立150年 振興調整費

Copyright © Keio University. All rights reserved.